Sky CleAr

気まぐれ更新。放置するなら徹底的(?)に放置するかも笑

近況報告?

いずれ、更新していなかったことを後悔する日が来るかもしれないので、何か書きます。

 

本来は別館(旧館の方ではなく)に書くべきなのですが、多分そう頻繁に更新しないジャンルなので細々とこっちに報告として書いておきます。

エスタンアームズのモデルガンのm1934を入手しました。二つ目個体、こちらは樹脂パーツが表面処理されていない、つるつるテカテカなタイプです。

f:id:kam0121:20230120232159j:image

 

前回入手したものと比較。

f:id:kam0121:20230120232215j:image

って、いや、実は今回手に入れた個体は前ユーザー様が木グリップを装着しており、画像はこれらグリップを相互に移植した状態のものです。

 

なお、いずれの個体でも木グリップはランヤードを反対から固定しているナットと干渉するので、別途汎用ナットを用意、グリップと干渉しないようナット外周を削り小口径化しそれを取り付けています。

f:id:kam0121:20230121171406j:image

 

ところで、今回はこれを用意。

f:id:kam0121:20230121171541j:image

クレの556無香料。556の高性能をそのままに、臭いを抑え、何より樹脂への使用もOKとのこと。

ネット上にはシリコン系潤滑剤で釣り用リールをオーバーホールしたところ回転が悪くなったといった報告もあり、実際シリコン系潤滑油は金属特に鋼同士の潤滑性能が良くないとのことで、「樹脂へのダメージなし」「金属同士でも高い潤滑性を発揮」「それほど高価ではない」3つの条件を満たす(であろう)このオイルを買ってみました。

 

別館で書いていたIOSオイル&グリス。超高性能かつ樹脂を侵さないらしいですが、値段がめちゃくちゃ高いw

 

他にも樹脂OKのシリコン系以外(たぶん)のオイルスプレーも存在するようですが、今回は比較的入手性の良いクレの製品を選んでみました。どれくらいの潤滑効果があるんでしょうかね。

 

 

 

さて、銃の方ですが、いちおう、他にももう少し入手しています。

f:id:kam0121:20230121165559j:image

真ん中のBeretta92のモデルガンはただのモデルガンではありません。

ヒントはスチールプレス製マガジンで、火薬なしで排莢アクション!

 

左奥のSIG P320は…こちらは上記どころか、パワーソース不要で排莢アクション!

 

 

 

答えはまた後日。

(その後日がめっちゃ後になったら御免…)

 

謹賀新年

時間的にいくらでも余裕があったのですが…

 

というより、完全に寝正月でしたw

かつてないほどに、無駄に時間をダラダラと…。(テレビすら見て(かけて)ないです)

 

気付いている方もいるかもしれませんが、旧館の方、いちおう昔せっせと書いてきた自分の軌跡ということで、seesaaブログの方に引っ越ししておきました。

私の旧館よりも歴史が長く、現在でも元気に更新されている方もいくらかいらっしゃいますが、私も見習わなければなりませんね。

 

生き字引きのHEN○AIブロガー

 

これくらいの称号が欲しいものですw

 

 

更新は気まぐれですが、今年もよろしくお願いします。

散財の報告(笑)

長期更新をサボった用に「しばらくお休み」なんてことを書いていましたが、普通に考えれば「気まぐれ更新」にでもしておけばよかったと気が付いたブログ主です。

さて、少し、いやだいぶ前に釣り場にてロキサーニのベイトの方がこうなりました。

f:id:kam0121:20221030080207j:image

一瞬の出来事。反射的に落下中のサイドプレートを受けようと手を先回りさせましたがキャッチに失敗、そのまま水面にダイブしました。

また、これとは関係ないですが、ロキサーニのスピニングの方も巻き取り中にコツコツ音が発生。もう両方ともジャンクでリサイクルショップで売りました。

Abuはデザインがカッコいいんだけどなぁ。

そういえば、よく考えればネオジム磁石(あるいは単に鉄の物体)でも付けた仕掛けをボトムでズル引きしてたら、失ったサイドプレート、回収出来たかも。今さらですが。

 

 

で、メインで使用していたそれらリールと入れ替える形でこの2点を購入。

f:id:kam0121:20221029215740j:image

SLX DC HGとネクサーブ2500S。いずれもシマノ製。

シマノはネクサーブをSLXのスピニング版としてでも発売したのかな?(あるいはその逆?どっちが先に発売されたか知りませんが) まあそれくらいによく合います。

ちなみに同社のバスワンとFX↓

f:id:kam0121:20221030082755j:image

も持っていたりしますが、こちらはソルトウォーター用にしようかと。(いくら海水OKと言えど、やはり高価あるいは貴重なリールを海で使いたくはないので)

 

f:id:kam0121:20221029220700j:image

実はSLXについては友人所有のものを何度か投げさせてもらったこともあり、キャストフィールはだいたい知っていました。複雑なことを考えず、ブレーキたった4段階でそこそこ飛距離が出るI-DC4、年末にI-DC5を搭載した新型SLXが出るそうですが、私にはこれで十分です。

 

 

散財の報告ということで、上の写真にも写っているQuartedのスピニング版(642L)、あと下のカバン買っていました。

f:id:kam0121:20221029222218j:image

カバンは単純に蜂が怖いからです。

よく行く野池、本当に雀サイズかよというくらいのスズメバチが徘徊しています。ロッドもリールも黒ですが、カバンは体積がデカいので。