Sky CleAr

バス釣り、100均、天体観測、日常のこととか。釣りでは丸型ベイトリール派、1990年〜2000年代のAbu機が好き。

Abu Garcia ロキサーニ 2500SH 買ったのでレビュー

フィールドにはタックル一本主義なので、あまり使うことのないスピニングリールでしたが、このたびミドルクラスの製品を買ってみました。Abuのロキサーニ、スピニングの方です。

スピニングとしては箱がコンパクトか。

f:id:kam0121:20210829092109j:image

 

開封

f:id:kam0121:20210829092711j:image

 

リール本体、調整用ワッシャー、取説、分解図、保証について案内、ユーザーカードなど。(※ハンドルは分離して梱包されていました。画像ではすでに取り付けてあります。あと、ユーザーズカードは文字を消去してあります)

f:id:kam0121:20210829093502j:image

 

ボディカラーはつや消しブラックとやや暗めのシルバーの小物パーツ類で、カーボンハンドルも相まって非常にクールな見た目をしています。個人の好みにもよるでしょうが、カッコよさならダントツかも。

f:id:kam0121:20210829092730j:image

f:id:kam0121:20210829092741j:image

f:id:kam0121:20210829092751j:image

f:id:kam0121:20210829092803j:image

スペックとしては、

自重(g)228

ギア比:6.2:1

最大ライン巻き取り長(cm)87

最大ドラグ力(Kg)5.2

ラインキャパ(ナイロン、フロロ:m)6lb-100m

ラインキャパ(PE:m)0.8-150m

6ステンレスHPCRベアリング+1ローラーベアリング、うちピニオンギア部はソルトシールドベアリング搭載

AMギアリングシステム搭載

COGデザイン

2wayドラグ

ロケットラインマネジメント

EVAノブ

Always-ON インスタントアンチリバース(ON-OFFレバーなし)

DURAMETAL一体ボディ

ウォーターシールドカーボンマトリックスドラグシステム

アルミユニフローベール

ステンレスメインシャフト

 

リール自体軽く疲れにくそうですが、ただローターだけは重量があるのか、ハンドルの巻き始めは軽快とは言い難いです。

 

ねじ込み式ハンドル。もちろん左右付け替え可能。ハンドルを取り付け、ベールを手で押さえてハンドルを揺すって見ましたが、ガタは一切ありません。レフトハンドル時にピッチの大きいネジ山を使用します。

f:id:kam0121:20210829092847j:image

 

ベールはこの角度まで開きます。ロケットラインマネジメントはあえてあまりベールが開かないようにし、キャスト時はベールにラインを当てることでスムースに糸を送り出すことができるそうな。

f:id:kam0121:20210829174221j:image

なお、ベールオープン状態では、ローターに軽くブレーキがかかり、キャスト時の不意のベール回転を防ぎます。

 

スプールを外すとこんな感じ。

f:id:kam0121:20210829093241j:image

 

スプール裏。

f:id:kam0121:20210829093313j:image

 

ドラグ回転部にベアリング搭載。白いのは樹脂製ワッシャーで、これに付属のワッシャーを追加したり逆に取り外したりすることで、スプールへのライン巻き方のテーパー形状を変えられます。

f:id:kam0121:20210901002855j:image

 

付属のワッシャー。

f:id:kam0121:20210829234043j:plain

 

ドラグノブ内には防水パッキン。

f:id:kam0121:20210829093253j:image

 

ドラグワッシャーの順番を入れ替えることで、強いテンションを掛けやすい設定と、弱いテンションにおいて良好なパフォーマンスを発揮できる2つの設定に切り替えることが出来ます。ただ、このリール自体のドラグ性能があまり良くないようで、いずれの設定でも滑り出しはあまりスムースではないです。(もしかしたらこの個体だけかもしれませんが)

f:id:kam0121:20210829174404j:image

 

分解図。サイドカバーがなく、ボディ心臓部が上下から結合されるような構造になっています。

f:id:kam0121:20210829094032j:image

 

その他、取説とか。

f:id:kam0121:20210829094056j:image

f:id:kam0121:20210829094124j:image

 

付属のリール袋は小さく、スプールオシレート最下位置、ハンドルが12時の位置に来た状態で何とか収納出来るレベルです。ていうか、ベイトのロキサーニの方が袋が大きいw

f:id:kam0121:20210829094201j:image

 

で、3回ほど使用してみた感想。

まず、悪い意味で気になる点が。ズバリ、ライントラブル。

f:id:kam0121:20210828160740j:plain

バックラッシュ。見えにくいですが、裏で本来埋もれているはずのラインが飛び出しグチャグチャになっています。フロロ6lb、大してスプールエッジギリギリまでラインを巻いていないのですが、ノーシンカーで水中をフワフワ漂わせて巻いてきたからか?ちなみに、絡まった部分(以降)をカットし、再び同じリグで釣りを続行したところ、再び同じトラブルが発生しました。まだ新品でラインローラーのオイルが馴染んでおらずその回転が渋いのか、糸よれも発生し、ラインローラー付近に糸が絡まりったり、ラインがローター周りにまとわり付くなどのトラブルが度々発生しました。ラインがスプール下部に入り込んでしまい、やむなく一旦スプールを外すといったことも。

うーむ。第一印象はイマイチか。

 

まあ短絡的に評価せず、もう少し使ってみます。デザインも評価対象とすれば、間違いなくそれだけでもそこそこの点数があるのでw

 

ちなみに、見た目と言う意味では、ベイトリールのロキサーニと揃えるのがおすすめです。統一感が出て気分も締まります。

f:id:kam0121:20210829022850j:plain

(この日は撮影のためタックル2本持ち込みましたが、やっぱり1本がいいですね…)

 

 

 

……………

 

 

 

このリールの初バスは煮干しサイズだったので、いちおうコイツで入魂とします。

f:id:kam0121:20210828195814j:plain

 

 

オマケ

相変わらず下手&いい加減な絵ですが、一度やってみたかったリールの擬人化。ブヒヒヒw

f:id:kam0121:20210830002831j:plain

(いちおう、ロゴや名称は変えておきます)